タグ別アーカイブ: 草書

漢字三体 硬筆書写検定短冊型

硬筆書写技能検定 漢字三体記述問題 時間取れない時に手頃なのが硬筆書写技能検定3級〜の 短冊型枠に熟語を5つ書く第2問の問題。 20分ぐらいで書けるんでちょっと時間が空いた時にいいんですが なめてました。均等な配置が難し … 続きを読む 漢字三体 硬筆書写検定短冊型

草仮名 関戸本古今集を読む。

草仮名まとめ といっても、これもほとんど狩田巻山手本。 赤字見にくいので漢字表記しておきます。 「い」以、移、意、伊 「ろ」呂、路、露、楼 「は」波、者、盤、半 「に」仁、耳、尓、児 「ほ」保、本、奉、報、宝 「へ」辺 … 続きを読む 草仮名 関戸本古今集を読む。

漢字草書 4. 似てる字まとめ&検定問題

似てる字をまとめてみました。 上の2列はけっこう厄介ですね。 「失」「矢」は殆ど同じ 単体での判別は無理。 「茅」は「矛」が右グループに近いのでそこに配置しました。 「貴」は前回言った「大」=「貝」の代表例。 「緑」「縁 … 続きを読む 漢字草書 4. 似てる字まとめ&検定問題

漢字草書 3. それほどでもない上下の部首。

最後はかんむり、しんにょうなど上下のパーツ。 これは意外と推察しやすい。 かんむりは「つ」っぽいのがいっぱいあって、そこが一番迷うとこですが 他の部分の特徴で判断できる。 まずは上パーツから 「登」「祭」「盤」とか、最後 … 続きを読む 漢字草書 3. それほどでもない上下の部首。

漢字草書 2. ややこしい旁

草書の旁は同じ字でも省略の仕方が様々で、まとめるのが難しいんですが 強引にやってみました。 ピンクが原型です。 1や3は偏とセットで推察しないと判別できない。 4が・・・ 「る」「ろ」「う」「つ」で書かれたらお手上げだな … 続きを読む 漢字草書 2. ややこしい旁

漢字草書1.紛らわしい偏

草書をペン字で書く機会は古典の和歌か俳句ぐらいですが 検定の理論問題では不可欠ですので、ちょっと整理しておこうと思います。 先ずは読めないことには始まりません。 が、とにかく紛らわしい。 偏などは一本線だらけで何偏か区別 … 続きを読む 漢字草書1.紛らわしい偏