4.SEOとアクセス解析

一応全部のカテゴリーに記事を入れたので、ここでサイトを公開にして
SEOも少し進めていきます。

これを自前でやんなきゃならないところがレンタルブログと違って面倒な
ところ

プラグイン
「Google XML Sitemaps」

sitemap.xmlを出力するプラグイン。

sitemap.xmlは
検索エンジンにサイト内をクロールさせるために必要で
ウェブマスターツールにサイトマップを登録する時にも使う。

ビジネスサイトを作った時に入れたままだったので、そのまま機能。

特に設定が必要なわけでもなく説明も不要。

プラグイン「Meta Manager」

これも入れたままだったので入力情報を書き換えて使用。

<head>内のmeta name=”keyword”やmeta name=”description”に出力する
個別ページの情報の共通する部分を共通キーワード、基本ディスクリプションで指定できる。

Google Analyticsでアクセス解析

これはここで詳細を記すまでもないので省略

ブログで使うには手に余る高機能なので、正直ここでは必要ない。

詳細な設定ならこのサイトがとても参考になります。

web制作会社 LIGのホームページ
私もレンタルブログの設定はこれを参考にやりましたが
基本的にビジネス用だと思います。

プラグイン「Google Analyticator」

簡単に言うとGoogle Analyticsの簡易的なやつを
WordPressのダッシュボードに表示して
サマリー情報などを見れるようにする。(ただしリアルタイムではない)

まずGoogle Analyticsで新しいアカウントを登録する。

Google Analyticatorを有効化してsettings画面を開く
ほとんど英語なんでややこしいが、
まずGoogleアカウントへのアクセス許可があって
click hereなどに従っていけば大丈夫。

うまくいけばGoogle Analyticatorの設定画面になるので
loggingを「Enabled」に変更してaccountで登録したアカウントを選択
(おそらくデフォルトで表示されてる)
「変更を保存」で終了。

Google ウェブマスターツール

これも別のレンタルブログで登録はしているもののSEO効果は定かじゃない。

サイトを認証するためのファイルをホーム直下のディレクトリに
アップしなければならないのだがレンタルブログではできなくて、
認証コードのhtmlタグを<head>に貼付けて認証させてきた。

が、今回は自前サイトということで認証用ファイルをアップできると思いきや、サーバーでは指定ディレクトリにアップできたのにNot Found…

またしてもhtmlタグを貼付けました。

ところが…

プラグイン「WP Total Hacks」

「Google Analytics」では解析させたいページに
javascriptのトラッキングコードを貼付けなくてはならないので
個別ページや単一記事ページなどにしこしこ貼付けたのですが、
古めの参考書にこのプラグインの記述を発見。

項目に「「Google Analytics」をインストール」があり、
そこにコードを貼付けるだけでOK。

そしてなんと、その下にウェブマスターツールの認証もあるじゃないか

WP Total Hacks

日本人が作ったとあって画面も使い易く、当然日本語。

いやー本当に痒い所に手が届く

ただし
そのまま保存しようとするとロリポップサーバーでは403Errorとなる。

セキュリティ機能WAFのためであるらしく
WAFを一時無効にしてから保存する必要があります。

ロリポップのユーザーページの「Webツール」の「WAF設定」で
該当するドメインを選択して「無効」にする。
(反映に5分ほどかかるようなので時間を置く必要)

終わったらもとに戻しておきましょう。

追記

プラグイン
「Jetpack by WordPress.com」

もう少し分かり易くて使い易いアクセス解析はないかとさがして、
設置が楽そうで、クラウドなのでサーバーに負荷のかからない
Jetpackのサイト統計情報を導入。
Google Analycatorは情報が一日遅れになるのに比して
リアルタイムで表示される。

wordpress.comでアカウントを取っておけば、ほとんどインストール&有効化だけで利用出来ます。

自前サイトでは英語の表示になりますが
リンクからwordpress.com側マイページへ移行すれば日本語で
検索キーワードなども見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

3.Copyrightを表記する

フッターにコピーライトを表記

一番下の著作権表記を書き換えます。

デフォルトでは「Proudly powerd by WordPress」と左下に表記されます。

これを「Copyright©ペン字極道All Rights Reserved」に変更して中央に配置します。

footer.phpを開き該当部のコード

copyright code

<div>”site-info”の内部をすべて削除して書き換えます。

<div class="site-info">
      Copyright &copy <?php bloginfo('name'); ?> All Rights Reserved
</div>

中央に移動させます。

style.cssに追記 フッターの適当な所に

#colophon .site-info{
                text-align: center ;
}

…とまあ これで終了。

簡単ですが、実はあれこれstyle.cssをいじくった末に辿り着いたものです。
親タグのcolophonを見逃していて.site-infoに!importantにしたりとか
試行錯誤の結果なんとかできました。
たったこれだけでもけっこううれしいもんです。

絶滅危惧種 宛名書き

みなさんの中に実際にその姿を目撃された方はいらっしゃるのでしょうか?

絶滅危惧種  在宅ワーク 宛名書き

ペン字歴の浅い私はまだ見た事がございません。

筆文字種ではないですよ。それは結構見ます。

以前耳にした逸話で
仕事を干された爆笑問題を太田光氏の夫人である光代社長が
生活を支えたという物語に登場する伝説のUMAですが、
今も実在するのかどうか定かではありません。

ところが
求人検索サイト Indeed  に
検索ワード「書道」で登録しておいたところ
膨大な介護職の求人情報のなかに発見したのです。
(老人ホームでは書道やるらしく情報が紛れ込んでくる。
…ていうか、ほとんど介護職)

宛名書き 20円

ペンは先方で用意するといいます。

そのビジネスコンサルタント会社にコンタクトを試みました。
相手が関心をしめせば面接にたどりつけます。

逃げられたーーーーーーーーーーーーッ

しまった。 おっさんというのをかくせばよかったーーーーーーッ
だいたいUMAはおっさんにたいして警戒心が強いのです。

その後、亜種であると思われる
お礼状書きの情報を何度か見かけましたが
とうてい信用出来るものではございませんでした。
こちらは本当に未確認生物。
私も図書館の本でしか見たことがありません。

なにしろ、その内容は
「100数十字のお礼状 月10000枚 入札希望額は10〜30万」
とか「2週間で3000枚」など常軌を逸した内容です。

100余字のお礼状などキチッと書けば1時間10枚は書けない代物。

最低額で落札して手数料を引けば1枚8円 時給数十円です。
そもそも10000枚がいかに非現実的数字か分かるでしょう。

ニセ情報と確信したものの、正体を見極めたく秘かに様子を伺っておりました。

消えたーーーーーーーーーーーっ

案の定、すべて途中でキャンセル(募集取り下げ)し消滅しました。

そういう訳で今も生息しているかどうかの確証を得るには至らず
実在したのかどうかさえ不明です。

今後も「ペン字極道」ではUMA宛名書きを追跡していく予定で
目撃情報を広く募集いたしております。

ペン字極道

ペン字ブログ始めます。

「私を含めて書道の師範はほぼ確実に
ボールペンや万年筆できれいな字を
書くことができます。」

「まっすぐな線が引ければ字はうまくなる」
高宮暉峰著  日本実業出版社 より
(WP注1)

できーーーーーーーん。

書道の修行が甘かったのか、全然変わりばえせん。

いや正確には筆ペンは上達してる、でもペン字は全く手つかずできたら
ビックリするくらいノートの字、昔といっしょ。

まあ、そもそもきれいに書こうなんてしてこなかったからね。

確かに大きい文字を書く時は書道と同じように書ける気がします。
でも小さい字は別物。頭で考えるように手が動かない。

それで、これはちゃんと手先のトレーニングをやらないとダメだ
と思い直したのが2年前

生涯学習のNHK学園の通信講座「基礎からのペン字レッスン」と
「くらしのつづけ字」を受講。

その「くらしのつづけ字」の教材がとてもよかった。

手本執筆の和田康子先生はこれで初めて知ったのですが
くせのない字で、とにかく書道臭さがない。

今やペン字が実生活で役立つのは
「心」を伝えるお礼状や一筆箋ぐらいのものでしょうから

その際、達筆感が出てしまうと嫌みな感じがするので
それなら朴訥な字のほうが心が伝わる気がして
ペン字をやる気にならなかったわけです。

「上から目線」感は今の時代のコミュニケーションで一番避けねばならないものですからね。

その点、和田先生の字は嫌みがなく、丁寧さが伝わって好感度大

気にいったので楷書用の本もネットで25円(送料別)で購入。

和田康子 ボールペン実用練習帳

予想よりずっといい本でした。
珍しくカタカナの手本が多い。

これと「くらしのつづけ字」のテキストで
実用の練習は十分です。
未記載の漢字は「ポケット ペン字字典」(石川芳雲 編)で
補足すれば何でも書けます。

とりあえず実用体は当面これでやっていきます。

(WP注:WordPressの処理に関するメモです。)
注1 エディターのビジュアルモードで「引用」を選択すると
このテーマTwentyThirteenでは上のフォントサイズで斜体字になる。
なので<blockquote style=”font-style: normal;>で通常に変更

あわせて著書名の部分は小さくなるよう
<p style=”font-size:0.7em; text-align: right;>で右寄りにして修正。
ついでに背景に
padding:20pxで色をつけときました。

2.パンくずナビを設置

「パンくずナビ」をつけます。

上のナビの下にあるページの位置を階層でわかりやすくする
ペン字極道 > ブログ > wordpress ってやつですね。

プラグイン「Breadcrumb NavXT」

プラグイン「Breadcrumb NavXT」をインストール。

トップページには不要なので表示されないようifで条件設定して
header.phpの最後に追記。

Breadcrumb cord

パンくずナビ

出たっ けど はじっこギリギリ〜

ここだけはスタイルシートを修正。
style.cssにbreadcrumbの左側のマージンを追記します。

パンくずナビ css

で 修正できました。

 

1.WordPressスタート

テーマの選択

さあ始まりましたよ超ビギナーのブログサイト作り

今回はビギナーらしく(?) TwentyThirteenを選択

WordPressテーマ Twentythirteen

スマホへの対応を重視しなければならない昨今、
レスポンシブデザインのこのテーマを選択。

スマホは別テンプレートにしたほうが楽という人もいますが、
どんな不都合が出るかも勉強なのでとりあえず、これでGO。

メニューを作る

まず固定ページ 「トップページ」と「ブログ」
それぞれをフロントページと投稿ページに設定し
2つじゃ寂しいので「問い合わせ」も作る。
投稿のカテゴリーで「ペン字」「コラム」「WordPress」「お知らせ」
それらでナビゲーションのカスタムメニューを作成。
(デフォルトではメニューはglobalだけみたい)

固定ページにもコメント投稿欄が表示されてしまうので
「クイック編集」からコメントを除外。

続いてウィジェット(サイドバーとフッター)に表示する項目を
適当に設定。

これだけで最低限の形は整いました。

実はこれ まっさらなWordPressに作っているわけではなく
一度 参考書を見てビジネスサイトを作った後
ページを削除して使っているので
プラグインも前サイトでインストールしたのがそのまま、
データも少し残っているようで
スラッグにaboutを使ったらabout-2となるなどするのですが
とりあえず、ここは無視。

ヘッダー画像をカスタマイズ

これは簡単と思っていたら意外な落とし穴。

推奨サイズが1600×230pxということで
パターン画像なら問題はなかったのですが、
絵(ペン次)を入れたばっかりに面倒なことに。

配置が難しくて何度も作り直し、何とか収まったと思った所
スマホの画面をChromeの拡張機能Responsive Inspectorでチェックしたら

ペン字極道ヘッダー

このざまです。モテモテをずらさず上に配置すりゃよかった。

スマホへの対応は記事が増えて来たら
後でまとめて小テーマを使ってカスタマイズするので
書体だけitalicをnormalに変更してこのままにしておきます。

追記

chromeではwidth400pxまでしかウインドウを縮小できなかったので上記の画像も
400pxなんですが、Firefoxで縮小してみたところ

スクリーンショット(2015-07-10 17.20.59)

descriptionは消えるものの、これで大丈夫そうです。

トップページ作成

ブログとしては不要なページなんですけど、
とりあえず概要ページとして作成。でも一つ問題が…

toppage-red

 

固定ページのタイトル(ここではトップページ)がドーンと出ちゃう。
なのでこれを削除し、タイトルが必要な固定ページは
そのページの見出しで対応することに。

「テーマの編集」から固定ページのテンプレートpage.phpを開いて
entry-title出力のh1タグのところを削除。

ここまで書いたところで改行がshift+returnでできることに気付く。
returnだけだと段落が変わってしまい、後からテキストモードで
コツコツ修正してました。初めての人 要注意

 

お問い合わせフォームはビジネスサイトで使ったプラグイン
「Contact  Form 7」を更新だけして
会社用の余計なデータを削除しそのまま利用。
SSLによる暗号化は月々2千数百円かかるので設定せず。

フォームの送信履歴を保存するプラグイン「Flamingo」を追加しておく。

スタート設定はこのくらいで始めちゃいます。

7 / 7« 先頭...67