ごまかし効かない こわ〜い横書き楷書。

あまり実用では書かない楷書ですが、実用字の行書は楷書を崩した形なので基本として実は大事です。

行間、字間、並び、大きさなど字形以外にも考慮しなくてはならない要素が多く、造形のバランス感覚が問われます。

硬筆書写技能検定 横書き楷書問題

前にも言いましたがこの問題は数字、英字も入って実用的でいい課題。

でも時間制限があって初見で書かなきゃなんない課題なんでちょっと短い。

四級

硬筆書写技能検定 横書き楷書

三級

硬筆書写技能検定 横書き楷書

二級

硬筆書写技能検定 横書き楷書

準一級

硬筆書写技能検定 横書き楷書

一級

硬筆書写技能検定 横書き楷書

枠線を雑に引いたのでガタついてて申し訳ないです。

文の長さが違うだけで殆ど同じフォーマットですね。

初見で一発・・・と行きたかったのですが、( )を抜かすミスを連発。
大半は漢字の修正を加えた2作目です。

検定受けたらこの課題が一番、緊張するかも。

字がもっと大きければ多少ブレても目立たないし、小さければディティールが見えないけど、このサイズだと怖い。

でも その分 練習にはなります。

速書きの課題をゆっくり書こう。

検定の1問目に出される、かねてより個人的には必要性を疑問視してる
速書きの問題ですがちょうどいい長さで文章としても面白いんですよね。

速書きでやってしまうのもったいないんで、これを使います。

三級

硬筆書写技能検定 横書き楷書

これも2作目。 ちょっと字でかい。

横が短いので速書き用の問題用紙を拡大して使うことに。
行の高さ1.2cmを1.5cmに縦横比維持したまま拡大。

硬筆書写技能検定 横書き楷書

こんな感じ これも三級。初見一枚目だとこんな状態。

二級

硬筆書写技能検定 横書き楷書

一級

硬筆書写技能検定 横書き楷書

二つとも2枚目。 行末が揃わない。区切りが難しい。

でも 練習にはちょうどいい長さでしょ この文章。

1問目廃止して、これを横楷書にすればいいのに。

以上。

確かに楷書は難しいんですが やってると緊張感が心地よくなってくる。

気分は写経ですね。ピシッとキマると気持ちいい。

これも定点観測でまた時期を置いてやろうと思います。

ボールペン uni-ball SigNo RT1  0.5 /替芯UMR-85N

追記 「昆」「混」の書き方 活字調になってて
ダメかどうかはわからないが、避けるに越したこと無し。
詳細は次の記事「活字じゃないのよ…」

字ちっちゃッ 老眼殺しハガキ地獄

ペン字で最も実用性がありそうな手紙文なんですが
よくよく考えると今まで5段検定のハガキ課題と
和田康子先生手本執筆の「くらしのつづけ字講座」の課題を書いただけでした。

なので今回はハガキの検定課題を中心にまとめてやってみました。

何と言っても一番厄介なのは字の小ささです。

1ミリのずれでも形崩れますからね。

常用フレーズを復習。

まずは和田手本のキチッとした字で締めときます。

続け字 ペン字

検定過去問 NHK学園

5段を目指す人の課題です。

過去記事をご覧いただければわかりますように
現在の検定問題だとハガキに7、8行が目安です。

ところが、よく見ると昔はエラいことになってました。

ペン字 はがき挨拶状

ペン字 はがき挨拶状

今の検定はこのぐらいの感じです。上の9行でも字が小さい気がします。

でも昔の課題はこんなもんじゃない。

ペン字 はがき挨拶状

ペン字 はがき挨拶状

ほぼ10行以上です。 まだまだ増えます。

ペン字 はがき挨拶状

ペン字 はがき挨拶状

さあ 来るぞ 来るぞ 老眼殺し。

ペン字 はがき挨拶状

ペン字 はがき挨拶状

キタ〜〜〜〜〜〜〜ッ  マジかよ〜〜〜〜 14行

書き損じたけど、もう一枚書く気力無し。

字数多いのに何故か平仮名多用で漢字にした「中」も平仮名になってた。

これ見ると随分 甘くなったよねえ NHK学園書道・ペン字検定。

思えば昔は隔月実施の検定で毎回課題が変わってました。(今は固定)

結果出てからだと1と月しか練習期間がなく段位になると
死屍累々、昇段失敗の山を築いてました。

年一回、東京本校でのみ実施の師範試験で
地方から上京された90代の受験者が落とされたのを知り
そのガチぶりに青ざめたものです。

硬筆書写技能検定 2級 はがき通信文

こっちは時間制限があって、初見で早く書かねばならないので
文字数も少なく、模範例でも線が走ってます。

ペン字 はがき通信文

線が走ってて、真似できてませんが手本はもっと走って崩されてます。

線が飛んだ所がありますが、「お」はもちろん、点があります。

このくらいの感じで過去問やってみます。

ペン字 はがき通信文

楽〜〜〜〜 NHKの方やった後だと書きやすう〜〜〜〜〜っ

高地トレーニングしてきた後みたい。

字数多いのも練習としては意味あるかも。

いろいろ真似て書いてみる。

ペン字 はがき通信文

これは公文の書写教室の折り込みチラシに載ってた手本の一部。

左4行、字が大きくなって、左と下に隙間がなくなった。

これも線が走り気味で、これが手本なら公文も結構難しいよね。

ペン字 はがき通信文

これは、お馴染み?何故かクセになる上條信山先生の手本。

例によって真似しきれません。

ペン字 はがき通信文

山下静雨先生手本、下の田中鳴舟先生手本と本当によく似た字。

ペン字 はがき通信文

最後は和田先生で締めましょう。

 

ペン字 はがき通信文

楷書も。

ペン字 はがき通信文

うわー ひでえ 2行以上の縦の楷書文は初めて書いたかも。

レイアウト ガッタガタ。

楷書はごまかしきかないんで練習してから書かないとダメだわ。

見るだけでも疲れたでしょ? やっと終わりです。

使用ボールペンはSARASAの0.3 と0.4 uni-ballSigNoRT1の0.38
最後の2枚はuni-ballSigNoRT1 0.5 

漢字仮名交じり縦書き行書文 

最近 旧字とか草書とか実用でない字ばかり書いてたんで
そもそも一番大事な行書が大丈夫か?
・・・ってことで上達してるのかチェック兼ねて行書再学習。

ウォームアップ。

「硬筆書写技能検定1•2級合格のポイント」掲載の模範例を真似る。

ここは一発勝負。

硬筆書写技能検定 漢字仮名交じり文 手本 硬筆書写技能検定 漢字仮名交じり文 手本

硬筆書写技能検定 漢字仮名交じり文 手本 硬筆書写技能検定 漢字仮名交じり文 手本

書風が自分と合ってるのか書きやすかった。

検定サイズの天地19.5cm 幅1.7cmの5行。字よりも行に収めるのが難しい。
上部の字が大きすぎて下が詰まった。

準一級、二級の過去問を書いてみる。

硬筆書写技能検定 漢字仮名交じり文 過去問   硬筆書写技能検定 漢字仮名交じり文 過去問

これは準一級の問題。
基本的に1〜2級は同じレベルの文。
上級ほど文が長いとか難しいとかはないよう。

連綿は三級では「書くな」、二級以上は「書いてもいい」ってぐらいなので
入れなくてはならんもんでもないらしい。

これも初見で一発・・・っていいたいところですが
行書体がすんなりと出て来ず、字を確認して書いた2枚目。

練習なしだとまだこのレベルですわ。

続いて二級。

硬筆書写技能検定硬筆書写技能検定 漢字仮名交じり文 過去問   硬筆書写技能検定硬筆書写技能検定 漢字仮名交じり文 過去問

まあ でも以前よりはマシになってますかね。

仮名の処理は相変わらず硬いですが。

ならば 和歌で手古摺った蓑輪先生の字じゃどうか?

懐かしい蓑輪先生の字を書く

教材執筆の通信講座もなくなり、NHK学園検定でも現在は和歌の課題のみになってしまった蓑輪東壽先生の過去問の手本を真似ます。

漢字仮名交じり文 過去問 蓑輪東壽

漢字仮名交じり文 過去問 蓑輪東壽

漢字仮名交じり文 過去問 蓑輪東壽

漢字仮名交じり文 過去問 蓑輪東壽

上品!

なんてことない字に見えるけど抑制されてて嫌味がない
見てて疲れないホッとする字。

上手に書こうとする頑張ってる感がないもんね。

これを未熟者が書こうとすると

漢字仮名交じり文

力入ってこうなる。それっぽく書いたつもりでも全然違う。

手本なしの課題はこの長さのものしか無いので
昔のNHK学園検定2級の夏目漱石「硝子戸の中」で代用。

手本の蓑輪先生の字は転折部はもちろんなんだけど
「の」の左下の折り返しとかも尖らず微妙な丸みを持ってんですよね。

自分で書くと尖っちゃうんで真似た作品もそこが再現しきれてない。

これ書いてる時「義」とか「満」「常」崩し方 分からなかったんですが
上の手本に出てきてますね。

いかにいい加減にやってるか思い知った。

これは時間たったら定点観測でまたやります。

 

ボールペン: 太いのはuniball Signo RT1 細いのはpilot ペン字練習用万年筆

草仮名 関戸本古今集を読む。

草仮名まとめ

といっても、これもほとんど狩田巻山手本。草仮名一覧

赤字見にくいので漢字表記しておきます。

「い」以、移、意、伊

「ろ」呂、路、露、楼

「は」波、者、盤、半

「に」仁、耳、尓、児

「ほ」保、本、奉、報、宝

「へ」辺、遍、倍、弊

「と」東、登、度

「ち」知、地、遅、千、致

「り」利、里、理、李

「ぬ」努

「る」留、累、流、類

 

草仮名一覧

「を」遠、越、乎

「わ」和、王、倭、部

(丸っぽい字は一応載ってたから書いたけど初めて見た。変換できず)

「か」可、開、我、家、賀、

「よ」与、餘、余、夜

「た」多、堂、当

「れ」礼、連、麗

「そ」曽、所、處、楚

「つ」川、徒、都、津

「ね」祢、年、根

「な」奈、那、難、名

「ら」良、羅

「む」武、無、无、年、舞

草仮名一覧

「う」宇、雲、有

「ゐ」遺、井

「の」能、乃、農、濃

「お」於

「く」久、具、倶、求、九

「や」也、夜、耶、屋

「ま」末、万、満、萬、真

「け」計、介、遣、希、気

「ふ」不、婦、布

「こ」古、許、故

「え」江、要、盈

「て」天、転、亭、氐

氐が「く」と紛らわしい。書く時も微妙。

草仮名一覧

「あ」安、阿、悪

「さ」左、佐、散、沙、乍

「き」支、起、幾、祈

「ゆ」遊 「め」免、面

「み」美、三、見、微、身

「し」之、志、事、新

「ゑ」惠、衛

「ひ」比、悲、日、飛、非、避

「も」无、毛、母、裳

「せ」世、勢

「す」寸、須、春、数

「无」が「も」と「む(ん)」があってややこしい。

草書体なんで同じ字でも崩し方にバリエーションがあってこの形ばかりじゃないんですが、これだけ覚えるだけでも行書きならほぼ読める。

関戸本古今集を読んでみよう。

NHK学園検定と言えば関戸本古今集は必出。

硬筆書写技能検定の過去問でも関戸本が多かった。

関戸本古今集 関戸本古今集 関戸本古今集

関戸本古今集

難しいのは連綿でジグザグが続くところ。

「ら」と「こ」

「介」と「る」と「ろ」

これに「可」が紛れ込んだりする。

「つ」と「へ」は文章で判断するしかない。

硬筆書写技能検定1級だと漢字は楷書、あとはすべて平仮名(草仮名も)で回答。

こういうことですね。↓ 濁点がつく字が間違いやすい。

「しでの山ふもとよりのみかへりきぬつらき人よりまづこえじとて」

「こひしとはたがいひそめしことならんしぬとぞたゞにいふべかりける」

「あさぢふのをのゝしのはらしのぶともひとしるらめやいふひとなしに」

かな書家の散らしまくった作品だと難しいですが
代表的な古筆は端正で比較的読みやすい。

また読みやすい作品が出題されているみたいです。

 

 

カタカナ/数字/ 英字 まとめ

nhkのペン字検定ではほとんどカタカナや英字は書かないので今まであまり書いてこなかったんですが、硬筆書写技能検定では横書き楷書の課題で数字も含めた文章が必ず出題されているので(この課題は現実的でいい)ここでまとめておきます。参考手本 敬称略で失敬します。

カタカナ

手本 和田康子 楷書 

ペン字 カタカナ 手本

同 行書

ペン字 カタカナ 手本

カタカナも和田先生の字は整ってます。

整いすぎてて清書!って感じになるんで、検定や展覧会はいいですが
普段書く場合は多少崩すか癖出したほうがいいかも。

ま ほっといても崩れますけどね

手本 石川芳雲

ペン字 カタカナ 手本

手本 蓑輪東壽

katakana5

普段書く字はこのくらいがあまり自己主張しなくていいかも

カタカナ表記は無機的な言葉が多いんでね。

手本 金久保雲渓

ペン字 カタカナ 手本

金久保先生は例によってちょっと表情ついてますね。

英字 alphabet

ペン字 英字 手本

ペン字 英字 手本

上から和田康子、蓑輪東壽、狩田巻山 各先生手本参照。

和田先生はブロック体のみです。英字でもキチっとしてますね。

でもアルファベットは記号的な分、マス目ないと揃えるの難しい。

やたら長いiphone用プログラミング言語swiftのメソッド、プロパティー名を書いてみる。

swift method

無理 全然揃えられない。

数字

漢字

ペン字 数字 漢字 手本

上から和田康子、蓑輪東壽、金久保雲渓 各先生手本参照。

ペン字 数字 手本

上から和田康子、蓑輪東壽、狩田巻山 各先生手本参照。

以上 難しくはないですが

一筆箋やカードではよく書くんで意外と無視できない。

 

 

 

書写体のパターン分析

前回の旧字体に続いて新字体の書写体を覚えます。

直近の目標はNHK学園ペン字検定師範試験なんで
今回も理論問題用の推奨資料「常用漢字の六体」から

たぶん「読み」問題だけで「書き」はないと思ってんですけど

新字体の書写体だとほとんど読めるんで「書き」の可能性も否定はできない。油断できないです。

で、まずはそれでも読めなかった字をマーク。ペン字 漢字書写体

「著」は冠の書き方が変わっただけなんだけど「着」に見えた。

同じように「汚」は「汗」に見える。一度イメージ持つと呪縛される。

ここからは法則を見つけてグループ化していこう。

線が多かったり、少なかったり。

ペン字 漢字書写体

説明不要ですね。「呂」「直」は単体でも部首としても一画少ない。

点が付いたり、消えたり。

ペン字 漢字書写体

その両方・・・点画の移動。

ペン字 漢字書写体

線が伸びたり、縮んだり

ペン字 漢字書写体

ここまでは殆ど読めますね。ということは「読み」の試験には出ません
・・・でしょう。

次はいかにも出そうな 問題としても面白いグループ。

縦横並び替え

ペン字 漢字書写体 縦横変換

楽しい!。この中から一つは出るよ。

行草書風 点画の省略。

ペン字 漢字書写体

この2つは要マーク。特に最下段の4字。

ここからは細かくパーツ別に分析。

部首でも使われる基本文字。

ペン字 漢字 書写体

「分」や「正」は硬筆書写技能検定一級過去問にこのまま出てる。

「示」と上のほうで出た「生」は実は単体では書写体は載ってない。
でも部首ではよく出るんで入れときました。

部首で使う。

ペン字 漢字書写体

「卯」に点がつくと「卵」。

「望」には「亡」が入ってると改めて気づく。漢字は面白い。

ここからは部首の変換を一気に。

部首別 書写体変換の法則。

ペン字 漢字書写体

「ロ」→「ム」のグループに「銃」が紛れこんでしまった。
上の基本形では「充」の冠の無い形でまとめたんですが
「充」はこの形で覚えたほうがいいですね。

 ペン字 漢字書写体

点々のつく字が紛らわしいので整理しておく必要。

「菅」は「管」の書写体なんですね。
新字体に入ってないことも初めて知った。

ほとんど一字物の変換例。

ペン字 漢字 書写体

読めるけど書き問題だと手こずりそう。

次のグループも含めて一点物は出やすい。

その他、理屈じゃなくて丸覚え。ペン字 漢字書写体

書道では馴染みのある字も多いです。

「賓」はマイナーな字ですが硬筆書写技能検定過去問にありました。

準一級以上を受けるなら、ここに書いた字は書ける必要ありそうです。

ふ〜〜〜〜〜〜っ

やっと理論試験の三悪魔 草書体、旧字体、書写体 整理できた。

あとは 毛筆系の古典の読みや書道史。まだまだ大変。

旧字体と書写体

前回までの草書に引き続いての理論試験対策です。

旧字体は昭和24年当用漢字表が告示された時に
定義された「新字体」(今、我々が書いてる字)
それ以前に使われていた字ということになりますが

要するに昔の字  文化庁の常用漢字表 で( )内に書いてある字です。

書写体は日本習字普及協会「常用漢字の六体」によりますと
「古法帖に書かれている伝統的な楷書で字典の活字体にはない字体」

この本では隋唐時代中心に集められてるみたいですが、明確な決まりはないんですよね。

ペン字検定は元検定協会会長の狩田巻山先生基準でいいと思うんで
この本をベースにやっていきます。

旧字体

旧字体 ペン字

硬筆書写技能検定一級、準一級の過去問 で見ると
「晝(昼)」「豫(予)」はよく出てます。

旧字体 ペン字

ペン字では大半初めて書くんで字崩れてて申し訳ない。

だいたい読めますよね。

ここまでは書写体が載ってないもの。

書写体が入ってくるとややこしい。

どっちがどっちかわからん。

ここからは 上段が旧字体、下段がその書写体。

旧字体 ペン字

「鹽(塩)」は出そうだけど意外と出てない。
これ出たら、なんか出題者の悪意感じるもんね。

むしろ「関」「壓(圧)」要注意。書写体でも出てる。

旧字体 ペン字

ここは重要な字が多い。 「旧」はよく出る。「缺(欠)」は読みにくい。

旧字体 ペン字

過去問では
「廣(広)」は書写体の字(中が黄)が旧字体として扱われてる。

旧字体の書写体も旧字体なんで間違いではないです。

「國(国)」「處(処)」は頻出。

旧字体 ペン字

「戦」「體(体)」は書写体のほうもマーク。特に身へんのやつ。

「當(当)」「擔(担)」よくでてます。

旧字体 書写体 ペン字

「庁」は旧字、書写ともに要注意。

旧字体 書写体 ペン字

「毎」って旧字だとが中が「母」シンプルだけど意外と迷う。

「歩」は書写体のほう注意。

「乱」は「乳」と読まないように。

旧字体 書写体 ペン字

抜かしたと思って追加したら「當」と「舉」は上で書いてた。

「舎」は「常用漢字の六体」には載ってないんですが硬筆書写技能検定には出てるんで追加しておきます。

NHK学園ペン字検定は「常用漢字の六体」からの出題だと思うんで
出ないでしょう。

以上 旧字体でした。

次回は今回と合わせて千字以上ある書写体の残りを整理します。

こんなのペン字では読めりゃいいと思うんですけどね

書かせる試験があるんですよねえ 硬筆書写技能検定一級、準一級。

やっぱり古すぎる?

漢字草書 4. 似てる字まとめ&検定問題

似てる字をまとめてみました。

似てる字 漢字草書

上の2列はけっこう厄介ですね。

「失」「矢」は殆ど同じ 単体での判別は無理。

「茅」は「矛」が右グループに近いのでそこに配置しました。

「貴」は前回言った「大」=「貝」の代表例。

似てる字 漢字草書

「緑」「縁」は、これも判別不能。

赤カッコの点付きの字は点無しバージョンもあり。

「浅」で点をつける場合の位置は資料ではすべてこの横の位置。

似てる字 漢字草書

似てる字 漢字草書

「備」「満」「将」「得」は毛筆ではお馴染み。

並べてみると違いがわかるけど一個だけ出されるとどっちか迷う。

似てる字 漢字草書

「候」も、にんべんの方だけ出されるとどっちかわからんね。

以上。

この程度、見分けられるとけっこう読めると思いますよ。

では実践 硬筆書写技能検定 2級第九問&1級第八問
「草書を読む」 ここ数年の過去問。
(参考 日本習字普及協会 1、2級合格のポイント)

2級は二字熟語

漢字草書 ペン字検定2級課題

1級は一文字。

漢字草書 ペン字検定1級課題

ちなみに準一級は書道の草書 十七帖や書譜の字を読む課題です。

 

答え

意見、報告、伝説、言葉、指導、就職、家族、感激

親類、満足、文鎮、帰還、悲願、道徳、樹氷、行楽

朝、愛、議、前、約、保、親、啓

教、其、浅、数、師、朝、歌、基

服、豊、参、海、発、解、制、流

「朝」が2つ入ってますが、いろんな書き方があるんで厄介。

「道徳」の「徳」も前回書いた形とはちがいます。

草書はペン字では草仮名ぐらいしか書かないかもしれませんが
毛筆では必修といってもいいですから、ペン字で基本を整理しておくのも無駄でないと思いますよ。

 

 

漢字草書 3. それほどでもない上下の部首。

最後はかんむり、しんにょうなど上下のパーツ。

これは意外と推察しやすい。

かんむりは「つ」っぽいのがいっぱいあって、そこが一番迷うとこですが
他の部分の特徴で判断できる。

まずは上パーツから

漢字草書 かんむり

漢字草書 かんむり

「登」「祭」「盤」とか、最後のやつは理論試験には出がち。

漢字草書 かんむり

「比」っぽいのは要注意。

「望」「堅」「皆」いろんな書き方があって迷う。
元の字は画数多くてかちっとしたイメージなのに草書だとすごくシンプル。
パッと見、結びつかない。

次 下パーツ

漢字草書 下部首

一本線のにょうになるのは「しんにょう」と「えんにょう」だけですね。

漢字草書 下部首

「大」っぽいやつは、すぐ大と見てしまいがち

まずは「貝」だと見るくせをつけとくといい。

以上3回にわたって草書のパーツを整理してみました。

参考資料はともに日本習字普及協会発行 狩田巻山著
「硬筆書写技能検定 1・2級合格のポイント」
&「常用漢字の六体」(NHK学園 書道、ペン字検定師範試験 推奨資料)

今回は分類から漏れた単純な形の文字とよく見るので丸覚えしたほうが
いい文字をかいてみました。

ペン字 漢字草書 サンプル

「愛」「外」「感」「恐」「慶」「使」「常」「上」

「異」「楽」「帰」「郷」「劇」「寺」「盛」「長」

「下」「官」「巨」「敬」「交」「受」「聖」「鳥」

「登」「徳」「馬」「北」「老」「毎」「発」「足」

愛、徳、聖はいろんな書き方、書き順があって要注意。

 

次回で間違えやすい字をまとめます。

 

漢字草書 2. ややこしい旁

草書の旁は同じ字でも省略の仕方が様々で、まとめるのが難しいんですが
強引にやってみました。

漢字草書の旁

ピンクが原型です。

は偏とセットで推察しないと判別できない。

漢字草書の旁

が・・・

「る」「ろ」「う」「つ」で書かれたらお手上げだなこりゃ。

漢字草書の旁

なんかホッとする〜〜〜〜ッ

ここは細かい違い見たら判別できそう。

「手」と「年」は偏じゃないんですが紛らわしいんで載せときます。

「年」のほうが屈折が一つ多いんですが、ややこしいのは省略して同型に見えるバージョンもあるってこと。

草書はそういうのが本当に多い。

漢字草書の旁

漢字草書の旁

どう?17 それぞれ字数は多くないんで微妙な差を見分けるしかないッス。

漢字草書の旁

20は似てて紛らわしい3つを比較できるよう並べときました。

旁の字は単体で文字になってるものもけっこうありますし
旁だけじゃなく上や下に置かれることも多いんで
崩し方を知っておくと応用がきく

・・・かもしれない。

さあ これでだいぶ読めるはず 今回も毛筆では比較的よく見る字です。

漢字草書のペン字

例によって答えは下のほうに。

はあ〜〜〜〜〜〜〜 もうやんなってきたでしょ?

でも まだあるんですよ 次回 上下のパーツ。

 

衛、将、婦、満、緑(縁も同型)、献、招、就

歌、散、紙、何、顔、期、許、敬

行、始、細、昭、湯、論、龍、朝

就と龍は19のように尾を上にはねると点がつき
左下に払うと点は無しとなってます。

元の字を考えると当たり前といえば当たり前。