写経はDAISOの般若心経練習帳がお得。

今年から近所の人に筆ペンを教え始めたので時間がなくて長らく更新ができませんでしたが、DAISOで見つけた般若心経練習帳が意外と良かったので買って書いてみました。

般若心経 筆ペン

時間ないので一発勝負です。

BSの「男はつらいよ」見ながら時間中に書けたので1時間半程度。

般若心経 筆ペン

一行17字だそうで、最初は大きさを掴めず下が詰まった。

薄い罫線が引かれてんですがスキャンでとんだ。

般若心経 筆ペン

慣れてきたと思ったら、最後のところは18字あった。

ボールペンもやっとく。

ボールペン字は部分別の手本はあるんですが、一覧手本がなかったので経文を書き損じて、これは2作目。

般若心経を覚えてないと失敗しやすい。

般若心経 ボールペン

般若心経 ボールペン

また最後、スペース足りず。

今後、写経習いたい人の教材に使えそうなんで
もうちょっとマシになるよう練習します。

筆ペン練習2〜年賀状を書こう

年賀用語句

時節柄、年賀状用の語句をサンプル集や印刷の年賀状を参考に書いてみました。

筆ペンですので、ちゃんと真似できてませんし、上げてみたら少し曲がってた。

年賀状筆ペン文字

 

年賀状用 筆ペン文字

文字数の少ない漢字だとボロが出にくい。

「新」の横画は左に出すぎだけど、このくらいのほうが全体のバランス取り易い。

年賀状筆ペン文字

実はこれが一番難しかった。まっすぐで大きさが均一だから誤魔化せない。

まだ、かなは上手く書けない。

「めでとう」は、連綿線の太さをコントロールしづらくて苦戦。

年賀状筆ペン文字

硬いね。 印刷みたい これは書かないかな

年賀状筆ペン文字

これくらいだと、ごまかし効く。

添える常套句

年賀状筆ペン文字

このくらいでかけりゃ楽なんですが、ハガキだと小さいんで…

じゃ とりあえず年賀状書いてみましょう。

 

年賀状用 筆ペン文字

年賀状用 筆ペン文字

「迎」がちょっとおかしい。「初春・・・」はいい感じかなと?

はい以上 年賀状でした。

書こうとか言いながら自分じゃほとんど書かないですけどね。

追加

実際に年賀状書いてみました。

インクジェット紙です。速乾なので書きやすいが、掠れは出にくい。

イラスト付き。

年賀状 筆ペン イラスト

縦の添え書きは行間空きすぎた。

横書きは上手くいかない、筆ペンでどう書くか 今後の課題。

 

開けカンムリ 心と共に

ペン字を学んで無くても字の上手い人は多いですが、この人はちゃんと勉強してるなと見分けるポイントになるのが、カンムリの書き方だと思ってんですよ。

実用字のカンムリは左を開く。

明朝体でもそうなってますし、今更なにをと思うかもしれませんが

意外とこう書いてる人多いです。↓

漢字のカンムリ

「家」はちょっと開き気味に書いてしまいましたが、下パーツを挟むようにしめちゃうんですよ。かくいう私も「栄」はペン字始めるまで、ずっとこう書いてました。

そもそも「栄」がカンムリに「木」で出来てるという認識がなかった。中央部は横長の四角だと思ってた。

毛筆では、特に古典ではこう書くこともありますからね。

でもペン字の手本でこんな風に書いてるのは(断言はできないですが)まあ無いでしょうね。手元の手本でもこんな感じです。

ウカンムリ

漢字のカンムリ

その他のカンムリでも

漢字のかんむり

途中でパーツとして使われても

漢字のかんむり

ポケット ペン字字典の石川先生はまっすぐに近いんですが 他の手本では左側を開いてスペース作ってます。

前にも言いましたが、スペースができると大らかな印象になる。

締めるとシルエットが鋭角的でキツい感じになって、気のせいか心まで閉ざしてるように見えてしまう。

心もカンムリも大らかに開いちゃいましょう。

もう一つ

カンムリでは無いですが、同様にずっと書いてたのが「市」など。

漢字 市

これは開くというより、真っ直ぐっぽく書くことが多いようです。

漢字 市

 

引っ越しで2ヶ月まともに字書かなかったんでヨレヨレでした。

続けてやらないとダメだと再認識。

こっちのほうはしっかり締めていきます。

 

 

 

意外と多いぞ 初めて書く字〜非・常用漢字(表外漢字)

石川芳雲「ポケット ペン字字典」を元に非・常用漢字を書きます。

2003年版なんで、後に常用に追加された漢字や人名字も含まれます。

手紙などで書きそうな語句。

非常用漢字

「挨拶」「偲」「凛」「於」「嬉」「俺」「宛」
「羨」「頃」「誰」「凄」「訃」「頓」は追加字

非常用漢字

「聰」「毅」「暢」「艶」は人名字

「颯」「燦」「萎」「鬱」「摯」「痩」「妖」「弄」「畏」は追加。

まだ この辺は書いたことのある字が多い。

新聞などでよく出る字

非常用漢字

「凱」「貌」「彙」「拭」は追加字。

非常用漢字

「蔽」「詮」「蔑」「苛」「崖」「頓」は追加。

こうなってくると、さすがに活字でしか見たことのない字が多い。

今、初めて書いた字も少なくない。

病気、医療系

医学用語 ペン字

「梗」「脊」「捻」「瘍」「咽」追加

「箋」(追加)はうまく書けたことがない。

宗教系

宗教用語 ペン字

「怨」「袈裟」「檀」は追加字。

この二系は非・常用字の巣ですな。

物の名前

非常用漢字

非常用漢字

面倒なので書かないですが、ここは追加字や人名字だらけ。

↓ちゃんと知りたい人は調べて

https://joyokanji.info/list.html?add&prev

 

動詞

非常用漢字

「萌」は人名字

「狙う」(追加)は最初から常用じゃないんだね。

ペン字字典にのってない字もあります。

手書きのサンプルがあまり無いんで書くこと少ないんですが
やってみて改めて世の中、非・常用字だらけだなと再認識しました。
ここにあるのは、ほんの一部です。

追加

これやったら非・常用字が気になりだして、気が付くたび確認してしまう。

非常用漢字

「曖昧」「稽」「賄賂」「鍵」「捻」「醒」は追加。

「攣」は活字だと鍋蓋ないですが、ペン字字典では付いてたので書いときました。

参考資料の年代などで多少、内容にバラつきがある。

2004年版「常用漢字の六体」に出てる追加字(平成2年の追加答申)の「颯」は今
文化庁の一覧 にも出てない。

追記

「颯」人名用漢字の方で発見。人名用めちゃくちゃ多い。

下の「掬」も人名用。

詳細は 戸籍法施行規則第60条 にある下の方の別表参考。

非常用漢字

ここは大半、初めて書いた字。

実際に手書きしたことない言葉って多いもんだな〜

「暗澹」は上で一度書いてました。

赤丸のついた字はペン字字典にも出てない。

「隙間」は活字では「小」だけどペン字字典では「少」。

「慇懃」は潰れて読めず、漢字筆順サイトでやっと確認。

非常用漢字

「膠着」は上で書いてた。

「醍醐」は勿論人名字。意外や「蹄」も人名字。

手本ない字はパーツのバランスがわかんないね。

再追加

非・常用漢字 ペン字

 

15.独自SSLの惨劇〜リンク切れの嵐。

サーバーの独自SSLが無料になったので設定してみた。

巷では検索エンジンはhttps優先と噂されてますから、やらないよりはいいと

独自ドメインpenjimiti.comを SSL化

https://penjimiti.com/でアクセス。

トップページは表示。 でも

CSSが反映してない。まさか

やっぱり〜〜記事のリンク全部切れてて開けない。

記事のurlは変わってないからね。

でも、従来のhttp接続は変わらずできたので、ここで止めときゃよかった。

結局、今現在 この状況。 ここまで戻ったんですよ、次からの惨劇から

痛恨のミス。

記事のurlがhttpsになってないので、サイトと WordPressのurl(freeplandのほう)の設定をhttpsにしてしまった。

即死‼︎

保存ボタンを押すなり、キャッシュされたページ以外接続拒否。

当然ログインもできず、サーバーに泣きついてデータベースの変更の仕方教えてもらった。

FTPでphpAdminからサイトとWordPressのurlをhttps://penjimiti.com/に変更。

トップページのCSSだけ反映。

まだ内部リンクは切れたままでヘッダー画像も引っ張れない。

ログインもダメ。

プラグインが原因?SiteGuard WP Pluginでログインページ変更してるのが怪しいと思いネットで見つけた方法で、まずpluginsフォルダの名前をFTPから変更して無効化。

ログインできた〜〜〜。

プラグインは無効になってて管理画面から操作できないので
またFTPでSiteGuardを削除。

記事などのリンクは切れたままなので絶対パスを相対パスにしなきゃならんようなんですが、画像含めるとすごい量になるので断念。

サイトとWordPressのurlとpluginをもとに戻しましたとさ。

て、わけで独自SSLはこの状態→ https://penjimiti.com/

注)アドレスバーにpenjimiti.comと入力するとssl接続されてしまうのでスキームは明示的にhttpから入力してください。

いいやり方見つかったら、また考えます。

この二日ほどアクセス数大きく変わってないんで不思議なんですが

たぶん サイトは見れなかったと思うんでご迷惑をおかけしました。

 

 

14. Google Analyticatorがダッシュボードに表示できないトラブル解決法

Google Analytics の API変更でWordPressのプラグインGoogle AnalyticatorのSummaryがダッシュボードに表示できなくなりました。

google analycator summary

解決法

WordPress.ORGのSupportページに発見

https://wordpress.org/support/topic/not-working-with-latest-wp-2/

wordpress.org/support/

要するにgoogle-analytics-summary-widget.phpファイルの454行目からの
ga:timeOnSiteGa:sessionDurationに書き換えるだけ。

google analycator summary

はい 出た。 う〜〜〜ん なかなか100人越えないね。

コード編集で行番号が表示されない人はプラグインを使うといいです。

プラグイン Advanced Code Editor

Advanced Code Editor

こんな風になります。

 

 

 

筆ペン練習〜お中元、お盆用 熨斗書き

のし袋、のし紙用筆ペン字

参考教材で谷蒼涯著「はじめての小筆字」を使います。

はじめての小筆字

毛筆用だけど、クセがなくて整ったいい手本なので。

表紙の文字だけ見ても美しいでしょ?

楷書

筆ペンのし文字

普通にスーパーで売ってる、ぺんてるの中字 FL2Lを使用。

腰のバネが強いんでコントロールが大変。

左払いと最後のハネのところが太く、大きくなってしまう。

行書

筆ペンのし文字

柔らかさがないんで、かなには向かない。

名前を書く

苗字

筆ペン名前

字の間隔詰めてます。

筆ペン名前

筆ペン名前

見づらくなるんで細かいところは修正してません。

ここで注文してた くれ竹 美文字 完美王(極細)が届いたので交代。

ちょびっと高い(ネットで440円ほど)

名前

筆ペン名前

あんまり変わらないねえ

確かに腰が柔らかくて滑らかなんだけど、墨量コントロールできない。

筆先は細いのにちょっと筆圧かかっただけで太くなる。
細い線出すのはこっちのほうが難しいかも。

使って墨が減ってくれば、もう少し使いやすくなるかもしれないけど。

筆ペン名前

智也、直也、聖也、和也、裕也、卓也

どんだけ「也」が好きなんだ? 谷先生。

申し遅れましたが擦って汚さないよう左から書いています。

筆ペン名前

う〜〜〜ん 力入れて書けない。

逆筆で突いて入筆したい時にエッジがぬるい。

筆ペン名前

かなは完美王のほうが書きやすいけど、もうちょっと腰が欲しい。

文向きかなとも思えるので書いてみる。

挨拶文

筆ペン挨拶文

どうかな〜〜〜? やっぱりもうちょっと腰が欲しい。

まあ慣れてないせいかもしれないんでしばらく使って様子みます。

 

 

公示地価表で住所を書こう。

毎年、新聞に載ってる公示地価表を住所の練習に使う。

ウォームアップ

例によって和田康子先生手本を使って都道府県市区名を楷、行書で。

都道府県名 ペン字

都道府県名 ペン字

一番地価の高い住所を書く

      楷書

住所 ペン字

       行書


住所 ペン字

    横書き

住所 ペン字

京都は長すぎて入らなかったので途中まで。

   筆ペン

住所 筆ペン

 

地価の一番高い所だと「中央」「本町」「駅前」などばかりで
あんまり面白くない。

なので書いてみたい字で選ぶ。

ペン字 住所

宛名じゃ北海道や兵庫は書かないでしょうけどね。

ペン字 住所 横書き

間違い 「棒」じゃなくて「榛原」でした。

面倒くさいから直さないけどね。

書く機会の多い東京の地名を書く

東京の地名

東京の地名

東京の地名

 

「田」が多いね それも上手く書けてない。

これから住所書くとき注意して「田」を書こう。

 

使用ボールペン uni-ballSigNo(RT1じゃない)替え芯UMR-85N 

漢字三体 硬筆書写検定短冊型

硬筆書写技能検定 漢字三体記述問題

時間取れない時に手頃なのが硬筆書写技能検定3級〜の
短冊型枠に熟語を5つ書く第2問の問題。

20分ぐらいで書けるんでちょっと時間が空いた時にいいんですが

なめてました。均等な配置が難しい!!

一応あたりつけて(縦19.3cmなので9.6cmぐらいを中央にして、そこから上下3.7cm間隔で5語の中心の目安を付ける。)揃えようとはしてみてるんですが
右列の字が右手の陰になって見えないのでどんどんずれていく。

草書は形に気を取られて大きさまで気が回らない。

ペン字漢字三体

ペン字漢字三体

ペン字漢字三体

「目標」の列だけが2級、あとはすべて1級。(2級は草書はない。準一級は草書はあるけど4語)

1級は旧字体が出題されてるようです。「殘」嫌い。
多少、上級のほうが字は難しいですね。

5語の組み合わせは出題のままです

同じ言葉が繰り返し出題されててかぶっちゃうんで、次は1〜3級から抜粋。

ペン字漢字三体

西村翠晃著「草書の覚え方ハンドブック」に同様の手本が出てたので抜粋。

崩し方はそのまま書きましたが書風はそれほど似せてません。
ペン字漢字三体

ペン字漢字三体

結局、楷書が一番難しい気がするのですが草書は手本見てますからね
検定では何も見れないんで、草書書けないと
第二問にしていきなり心折れるかも
そう考えると大事な問題です。20分もかけられないね。

 

 

 

活字じゃないのよペン字は〜プチ行書。

最近は活字でしか字を見ないと言っても過言じゃないんで
わからない字を調べても活字基準で字を書いてしまいがち

そこでペン字書く時に迷う例をいくつか挙げてみます。

短い横画の接合

先ずはNHK学園「基礎からのペン字レッスン」テキストから
蓑輪先生手本の都道府県名を真似て書いた文字を見てください。

都道府県 ペン字

いたってフツーの楷書手本ですが、実はこれペン字の手本としてはむしろ特殊なんですよね。

どうしてかといいますと短い横画がきちんと縦画に接合されてます。

同じ文字を別手本で集字してみます。

ちょっと雑ですが、説明用なんでご勘弁。

都道府県 ペン字

石川芳雲「ポケット ペン字字典」

都道府県 ペン字

狩田巻山「常用漢字の六体」

都道府県 ペン字

和田康子「ボールペン字実用練習帳」

ね ほとんど内部の横画 縦画にくっつかないで離れてるでしょう?

当然、活字では全部接合されているわけですが、そのまま書くと窮屈に見えるんで隙間を取って書くことが多いですよね。

NHKの場合は確信犯的に基礎をキチッと覚える目的でやってると思う。

テキストに作例で出てくる詩や文学もすべて
接合した厳格な楷書で書かれてますから。

事実、この講座の添削では接合してないと注意された。

NHKの検定受けてる人は楷書課題は接合した方がいいと思う。

糸偏の書き方

糸偏は「糸」で書くのが基本。と思いがちですがペン字では圧倒的に下が点々になってる書き方が使われます。

上の四つの手本で見ても「糸」で書かれたのは
厳格な「基礎からのペン字レッスン」でさえ「細」「紅」の2つだけ。

両字とも、つくりが小さいからですね。

ポケット ペン字字典では「編」「維」など5つほど。

狩田、和田本では全部点々型です。

糸偏の字

むしろ気になったのは一画目の「く」の部分、活字では2画のように書かれてて
蓑輪先生以外の手本でも活字風に書かれてる。

石川先生の手本だと分離までしてる。

三画目の点も右斜め、左斜めのバリエーションがある。

結局、気分の問題でどれかが正しいわけでもないですが
書くのは点々のほうが楽です。「糸」はバランスが意外と難しい。

同じようなのが「慈」「郷」など。蓑輪先生以外は活字風です。

ペン字 慈

似たような部分で「比」の偏が活字だと三画に見えるんですが二画です。

ペン字 比

これは手本見ても 活字風に書かれてるものはありませんでした。

が、活字しか見てないと三画で書いてしまうよ。

実際、前記事の横楷書で三画で書いてしまってた。今回見てて初めて気づいた。

木と書くか、ホと書くか

文字中の「木」も活字では木、当然「基礎からのペン字レッスン」では木で書かれてますが、これも「ホ」で書かれることのほうが多い。

常用体の狩田手本で拾ってみると

ペン字 木のつく字

常用以外も含めたポケットペン字字典では

ペン字 木のつく字

「ホ」のほうが多いですね。

「深」に関しては、ここでは省略した和田先生手本も含めて
すべて木でした。

「栞」は木でしょ ポケット ペン字字典では「ホ」でしたが

「栗」は「ホ」だと「票」と紛らわしいし
「菜」も点々だらけになるので「木」のほうがいいと思う。

左右に拡がる「木」は文中で使うと邪魔になるんで「ホ」のほうが使い勝手がいいようです。

払うか、止めるか、右払い。

上の「木」のケースも当てはまるんですが
右払いをキチッと払うかどうか
楷書の文を書いてると迷うことがよくあります。

当然、活字はキチッと払ってますが

「常用漢字の六体」で見てみますと

左払いのある漢字

上段が手本の字で楷書単体では、ほぼ払ってます。

最後の列の払いが空白の「実」〜「候」は止めて書かれてます。

「様」は和田、石川手本では止めてます。

「実」「英」「喫」は手元の本ではすべて止め
払いの字は見つかりませんでしたが

厳格な「基礎からのペン字レッスン」では載ってる字すべて払いで
「歌」「探」「候」に「緑」も「康」まで払ってるので
もし載ってたら払ってたかもしれない。

法則はないですが文で払いの字が多いとツンツンして
柔らかみがなくなるんで併用でメリハリ付けるのがいいんでしょう。

これもNHKの検定では払ったほうがいいと思います。

羽の点ハネ

最近、気になっているのが羽の点の書き方。

活字では両方「ン」っぽいのが並んでますが
「学習」を書こうとして調べたら

羽のつく漢字

字典の上段、狩田手本 下段、石川手本では最後のハネが止めで
右下がりか水平。

一方、教本の和田、蓑輪手本では活字に近い書き方。

とはいっても、この1文字ずつだけで、とにかく出てこない。
教本なんだから「習」ぐらい載っててよさそうなもんなのに
だから今まで気にすることがなかったんですね。

字典で調べると迷うけど
楷書なら活字っぽい書き方で問題ないでしょう。

書く機会もあんまりないでしょうし

 

とりあえず5つ程挙げてみましたが、基本的に一緒で

言わばプチ行書ってことなんですよね。

1 / 712...最後 »