月別アーカイブ: 2016年7月

和歌 短歌散らし書き3. ~さあ自由に散らそう

とは言ったものの真似するのも難しいですが・・・

まずは日本習字普及協会「硬筆書写技能検定1.2級合格のポイント」
平成28年度版 和歌課題1級模範例より3点。

狩田巻山先生の手本なのか、平成9年度改定でお弟子さんが書かれたのかは不明。

「朝霞たなびく野辺にあしひきの山霍公鳥いつか来鳴かむ」 万葉短歌

万葉短歌ペン字 

「花に見し昨日の春の面影もいつしかかはる夏木立かな」
   (前大僧正頼意・新葉和歌集)

2種のレイアウトで

ペン字和歌ペン字和歌

3つとも手本見ると全ての行が微妙に右に流れてるんですが
再現できませんでした。

線はきれいなんですが、レイアウトはあまり面白くはないかな。

あくまでも検定用の作品例ですから基本的なレイアウトにしているんでしょう。

3つ目の作品の「面影」の「も」はそのまま書きましたが
何の字の省略形かわからない。(追記 「无」みたいです。)

で、こっちはNHK学園のペン字検定過去問

お馴染み、蓑輪東壽先生の美しい散らしです。

が、難しくて完コピとは程遠い出来です。

「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む」(柿本人麿)

ペン字 柿本人麿

「住の江の岸による波よるさへや夢の通ひ路人目よくらむ」(藤原敏行朝臣)

ペン字 藤原朝臣

「今来むと言ひしばかりに長月の有明の月を待ち出でつるかな」(素性法師)

ペン字 素性法師

「誰をかもしる人にせむ高砂の松もむかしの友ならなくに」(藤原興風)

ペン字 古今和歌集

ねえ難しいでしょう?

行が接近してる部分の文字の配置が本当に難しい。

冒頭の日本習字普及協会「硬筆書写技能検定1.2級合格のポイント」見てたら
仮名書の古典 粘葉本和漢朗詠集や元永本古今集なんかがバンバン出てきてるんで、ペン字も仮名の古典書いた方がいいのかなと思ってます。

硬筆書写技能検定 ちょっと内容古すぎない?という気もしますが。

和歌 短歌散らし書き2.〜分割したレイアウトで

2分割のレイアウト。

「木の間より洩り来る月の影見れば 心づくしの秋は来にけり」
(古今集 読み人知らず) 上条信山先生手本

ペン字 古今集

「もれくる」になってますが手本のまま書きました。

割と入門者向きに書いてくださってるといいますか
このくらいから始めると入りやすいですよね。

次も信山先生。

「幾山河こえさりゆかばさびしさの はてなむ国ぞ けふも旅ゆく」
(若山牧水)

ペン字 若山牧水

つぎはお馴染み蓑輪先生のペン字検定課題過去問手本から2つ。

「心当てに 折らばや折らむ 初霜のおきまどはせる 白菊の花」
  凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

ペン字 凡河内躬恒

流麗! こんな風に書きたいねえ

2分割とはいっても蓑輪手本は一筋縄ではいかない。

1、2行目の間の取り方も絶妙で完全には再現できない。

次はシンメトリー っぽいですが、一応2分割ということにして、

「わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船」
(古今集 参議篁)

ペン字 古今集 参議篁

2行目の「八十島」を引き離して粗密をだしてますが
自分ではなかなかこういう思い切った字間の取り方できないんですよね。

3分割のレイアウト。

これも蓑輪先生の過去問より

「有明のつれなく見えし別れより 暁計うきものはなし」
(壬生忠岑(みぶのただみね) 古今和歌集)

ペン字 壬生忠岑 古今和歌集

いやあ 難度が上がってきましたねえ

真似するの難しくなってきました。

仮名書ですよね。

書き出しの「あ」はいきなりこんな形で書き出せないなあ…

でも まだまだ こんなものではないんです。
次回はもっと真似しづらいのを書きます。真似できませんが・・・