月別アーカイブ: 2015年9月

初級者は手を出すな 上條信山著 書法基本帖(硬筆編)

img397

以前から図書館で見かけて中身をチェックして
こりゃ無理だ。…と棚に返しておったのですが、
現在、苦戦中の和歌の参考になるのではと、ついに借りてしまいました。
(散らし書きですが、和歌も載ってるんで)

一言で言えば硬筆書道の本です。

何しろ九成宮醴泉銘から書譜の臨書までありますから。
一般的なペン字学習書と比べると明らかに書体が違います。

大先生が書いておられますから
俗字たる実用体の習字字など受け付けんとばかりに
単体に傾きや、ずらしが入り俗臭を消してます。

未熟なため完全に再現はできませんが
楷書手本にしてこんな感じです。

img398

「写」とか「耐」とか基礎講座の添削なら修正されそうな箇所が多々あります。

実用字の練習していると、こんなに曲がってていいの?と大混乱ですよ。

ところがこれが文章になるといいんですよ

ちょっとかわいらしさもある力の抜けた飄々とした感じで

先生は全くきれいに書こうとか上手く書こうとか
考えてはおられないんでしょう

原稿用紙に書かれた国木田独歩「武蔵野」なんて
小説の生原稿かと思うほど字形への頓着が全く感じられませんもん。

ちょうど夏目漱石の「草枕」もあったので真似てみました。
まずはつけペンで練習しろとおっしゃっているのでスプーンペンです。

img399

3段の検定試験も夏目漱石ですが、仮に手本通りに書けたとしても

こういう感じの書体で怖くて出せないですね。

守破離でいえば「離」

未だ「守」に苦労してる身としては、やはり迂闊に手は出せん代物です。

もう少し力量が上がるまで我慢します。
…ってのも、なんか見てると妙に書きたくなってくるんですよ。
結局、魅力あるんでしょうねえ

しかし仮にも学習書としてはこの本どうかと思いますよ

癖ありすぎて手本になんない。

こりゃ先生の作品集です。
グルーヴしまくりで
巻末の作品なんてほとんど狂草体で読めません。

油性ボールペンでインク溜まりを出さない法

実用でボールペンを使用する場合
一般的に使うのは油性ボールペンですよね

どこにでも売ってますし耐水性なんで使い勝手がいいですが

問題はインク溜まりが出やすいこと

ボールペン字のインク溜まり

ハネや折り返しの方向転換する部分で出てしまいます。

さすがの逸品uni JETSTREAMにしても免れません。
滑らかな書き味のボールペンほど出やすいです。
100円ショップの品物と比べればはるかに少ないですがやっぱり出ます。

このくらいの大きさだとさほど気になりませんが
手紙などで書くサイズだと

油性ボールペン字のインク溜まり

ちょっと見苦しいですよね。

ハネる部分で力を入れてしまうと出るんで
転折部で止まって力を抜いて慎重にハネ出すとある程度は防げますが
(ハネる手前まで筆圧かけてハネる時抜く方が出にくい気がします。)

どうしても出したくないのなら
これではどうでしょう?

油性ボールペン字のインク溜まり

出てませんよね。

どう書いたかと言いますと簡単な話
毛筆のようにボールペンを立てて書いたんですね。

普段 字を書く位置より手前に紙を寄せて書いても同じ効果が得られます。

ただし、ご覧のように腕が窮屈で運筆がスムーズにいかなくて
少し線がよれたりしています。

基本的にはさっき言ったように慎重な運筆で対処して
どうしても出ちゃう部分だけ立てて書くのがいいんじゃないでしょうか。

追記  2016  12  22

提出作品や手紙などにはちょっと厳しいですが
普段ノート取る時にインク溜まりが鬱陶しい・・・って程度なら
これがおすすめ。

インク溜まりの出ないボールペン

Can Doで買った3本100円の4色ボールペン。の

インクがやや薄いんですが、だからなのかインク溜まりが出にくい。
・・・もしくは目立たない。緑は出る。

多少 字が薄くても問題ないなら使ってみてはどうでしょう。

耐久性にはやや問題あり。
頻繁に色変えるとボディ割れます。

つーか、かなりの確率で破損します。

その時はネジ状の取り外し箇所を接着剤で固めてしまいましょう。
安定感を増して書きやすくなります。

百円ショップも意外とバカにできませんね。

(株)日本パール加工  MADE IN CHINA