日別アーカイブ: 2015年6月23日

絶滅危惧種 宛名書き

みなさんの中に実際にその姿を目撃された方はいらっしゃるのでしょうか?

絶滅危惧種  在宅ワーク 宛名書き

ペン字歴の浅い私はまだ見た事がございません。

筆文字種ではないですよ。それは結構見ます。

以前耳にした逸話で
仕事を干された爆笑問題を太田光氏の夫人である光代社長が
生活を支えたという物語に登場する伝説のUMAですが、
今も実在するのかどうか定かではありません。

ところが
求人検索サイト Indeed  に
検索ワード「書道」で登録しておいたところ
膨大な介護職の求人情報のなかに発見したのです。
(老人ホームでは書道やるらしく情報が紛れ込んでくる。
…ていうか、ほとんど介護職)

宛名書き 20円

ペンは先方で用意するといいます。

そのビジネスコンサルタント会社にコンタクトを試みました。
相手が関心をしめせば面接にたどりつけます。

逃げられたーーーーーーーーーーーーッ

しまった。 おっさんというのをかくせばよかったーーーーーーッ
だいたいUMAはおっさんにたいして警戒心が強いのです。

その後、亜種であると思われる
お礼状書きの情報を何度か見かけましたが
とうてい信用出来るものではございませんでした。
こちらは本当に未確認生物。
私も図書館の本でしか見たことがありません。

なにしろ、その内容は
「100数十字のお礼状 月10000枚 入札希望額は10〜30万」
とか「2週間で3000枚」など常軌を逸した内容です。

100余字のお礼状などキチッと書けば1時間10枚は書けない代物。

最低額で落札して手数料を引けば1枚8円 時給数十円です。
そもそも10000枚がいかに非現実的数字か分かるでしょう。

ニセ情報と確信したものの、正体を見極めたく秘かに様子を伺っておりました。

消えたーーーーーーーーーーーっ

案の定、すべて途中でキャンセル(募集取り下げ)し消滅しました。

そういう訳で今も生息しているかどうかの確証を得るには至らず
実在したのかどうかさえ不明です。

今後も「ペン字極道」ではUMA宛名書きを追跡していく予定で
目撃情報を広く募集いたしております。

ペン字極道